1.労働保険・社会保険に関する業務

労働保険・社会保険は毎年のように改正されます。手続きについても、保険料についても、『ころころ変わりすぎてついていけない』、『ややこしくて理解する 気にもなれない』、というのが率直な感想ではないでしょうか?しかし、だからと言って怠ることはできません。正確に・迅速に処理しなければなりません。た だ・・・変わりすぎることに労力を割くのは得策ではありません。専門家にアウトソーシングするというのも一つの方法ではないでしょうか?

こ んなお悩みないですか?!

  • ころころ変わりすぎてついていけない。ややこしすぎて理解できない。
  • 忙しい 時期と重なり・・・気がついたら、提出期限を過ぎてしまった。
  • 労働保険の年度更新と社会保険の算定基礎届は、対象者も違う。計算方法も 違う。年に一度の作業だから、思い出すのも、説明書きを読むのも面倒だ。
  • 年金事務所(旧社会保険事務所)や職安から問い合わせの電話があっても、何をい われているのかわからない。対応するのが面倒。余計な事をいってしまわないか心配。
  • 従業員から労働保険や社会保険の事を聞かれてもわか らない。うまく説明が出来ない。
  • 給与計算の時の、従業員から徴収する社会保険や雇用保険の保険料ことがわからない。正しいのか自信がな い。

■主なサポート内容

  • 従業員の採用から退職までの労働保険・社 会保険の事務手続きを行います。
    • 従業員の採用  ⇒  健康保険・厚生年金保険・雇用保険の取得(加入)手続き
    • 従 業員の退職  ⇒  健康保険・厚生年金保険・雇用保険の喪失(脱退)及び雇用保険の離職票の手続き
    • 従業員の結婚・出産などによる扶養 家族の変動  ⇒  健康保険の扶養の異動手続き
    • 従業員及び扶養家族の出産・病気・ケガ・死亡  ⇒  健康保険の給付(高額療養費・傷病手当金など)の手続き
    • 従業員の業務中・通勤途中のケガなど  ⇒  労災保険の給付(治療・休業など)の手続き
  • 労働保険の保険料に関する(年度更新)手続きを行います。
  • 社会 保険の保険料に関する(算定基礎届・月額変更届)手続きを行います。
※ 但し、第三者行為災害届、障害・遺族に関する労災申請等は別途協議とさせていただきます。